ケーススタディ

海外事業も積極的な老舗上場ゼネコン 法務部門採用プロジェクト

お客様 老舗上場ゼネコン
ポジション・
プロジェクト
3か月
年収レベル 800万
期間 3か月

クライアントの課題

法務部は現状少人数で運営しており、定年付近の管理職とミドル層で構成されていた。管理職の定年退職を見据え、外部から法務部長候補の採用を検討していた。法務全般を担うが臨床法務のウエイトは大きく、訴訟・紛争経験が豊富な人材を必要としていた。

実行プロセス

提示可能な年収レンジが決まっており、業界相場より高いというわけではなかったため、以下の優先順位を付けてターゲット人材像を定めていった。
1,部長職を張れなくとも、臨床法務に期待できる法務マネージャーを部長候補で採用する
2,建設業界に限らず、第二次産業を中心に法務業務に従事した方

結果

結果、東京での勤務を希望する地方有力製造メーカーの法務課長の招聘に成功した。
業法に関する一定のキャッチアップ期間は必要だが、次期部長として業務に奔走している。

担当コンサルタント

山川 博

山川 博Hiroshi Yamakawa

2014年、大阪府立大学経済学部卒業後、技術職の人材紹介に特化したヒューマンタッチに入社。
建設部門にてゼネコンやハウスメーカーを中心に、設計・施工管理など技術職の人材紹介に従事し、住宅領域のチームマネージャーを経て、ハイクラス紹介部門の立ち上げに参画。

人材ソリューションに関するお問い合わせ

03-3221-3348

メールでのお問い合わせ

このコンサルタント手がけた事例

クライアントの課題 法務部は現状少人数で運営しており、定年付近の管理職とミドル層で構成されていた。管理職の定年退職を見据え、外部から法務部長候補の採用を検討していた。法務全般を担うが臨床法務のウエイトは大きく、訴訟・紛争 […]

  • クライアント: 新興不動産ファンド
  • ポジション・プロジェクト: アセットマネジメント

クライアントの課題 不動産開発とファンド事業を中心に成長してきた新興不動産ファンド。 アセットタイプの多様化、私募リート事業立ち上げ、複数ファンドの立ち上げ等、不動産ファンド事業の拡大を計画しており、ファンドレイズから投 […]

クライアントの課題 クライアント企業は、戸建て住宅分譲事業、不動産賃貸事業を担う地域密着の不動産会社であった。創業から期間が浅いにも関わらず、金融機関からの信頼が厚い会社でもあった。その会社は事業拡大の入り口となる用地の […]

クライアントの課題 総合不動産業を展開するクライアントは不動産金融事業への参入を決定した。数年後にはリートの上場を見据えAUM(運用資産残高)を積み上げるべく、リートに組み入れる物件のパイプラインを構築する必要があった。 […]

  • クライアント: 物流不動産企業
  • ポジション・プロジェクト: プロパティマネージャー

クライアントの課題 クライアントは物流施設の開発~賃貸事業を展開する外資系不動産会社。日本国内での開発・運営物件増加に伴い、施設の運営管理を行うオペレーション部門の強化が必要であり、収支管理やテナントとのリレーション構築 […]