ケーススタディ

不動産ファンド事業、コアメンバー強化プロジェクト

お客様 新興不動産ファンド
ポジション・
プロジェクト
アセットマネジメント
年収レベル 1300万円
期間 4か月

クライアントの課題

不動産開発とファンド事業を中心に成長してきた新興不動産ファンド。
アセットタイプの多様化、私募リート事業立ち上げ、複数ファンドの立ち上げ等、不動産ファンド事業の拡大を計画しており、ファンドレイズから投資家対応、物周りと幅広くアセットマネジメントに関する業務をカバーできる業界経験豊富なシニア人材を必要としていた。
社歴も浅く大手スポンサーがついている訳ではない新興ファンドであったため、直近ではリファラル採用を中心にコアメンバーを招聘していたが、より安定的な採用体制への移行を進めていた。

実行プロセス

大手から中小まで、不動産ファンド経験者を中心にアプローチを行った。
大手企業だと会社の投資方針などにより、自身のアイデアを実現できる機会が少ないが、候補者にとってはチャレンジを求めたい一方、安定面や将来性に不安を覚え新興企業に飛び込むことを足踏む方が多かった。そこで、候補者に対して、企業の事業フェーズをくまなく説明し、どのような取り組みを行っているかなど、クライアント経営陣とも意識合わせの機会も設定。企業理解と今後の方針などコミュニケーションを図った。
また、コンサルタント目線から業界内においての評判など、候補者が気にする点をひとつづつ候補者の懸念点を解消していった。
結果、大手不動産金融のアセットマネジメント経験豊富なシニアが決定。
大手ではできない、チームビルディングや、事業開発にチャレンジできるフェーズで活躍できることを確信するに至った。

結果

投資家対応やファンドのセットアップなど、マルチな人材が獲得でき、今後もファンド事業の拡大を計画している。

担当コンサルタント

山川 博

山川 博Hiroshi Yamakawa

2014年、大阪府立大学経済学部卒業後、技術職の人材紹介に特化したヒューマンタッチに入社。
建設部門にてゼネコンやハウスメーカーを中心に、設計・施工管理など技術職の人材紹介に従事し、住宅領域のチームマネージャーを経て、ハイクラス紹介部門の立ち上げに参画。

人材ソリューションに関するお問い合わせ

03-3221-3348

メールでのお問い合わせ

このコンサルタント手がけた事例

クライアントの課題 法務部は現状少人数で運営しており、定年付近の管理職とミドル層で構成されていた。管理職の定年退職を見据え、外部から法務部長候補の採用を検討していた。法務全般を担うが臨床法務のウエイトは大きく、訴訟・紛争 […]

  • クライアント: 新興不動産ファンド
  • ポジション・プロジェクト: アセットマネジメント

クライアントの課題 不動産開発とファンド事業を中心に成長してきた新興不動産ファンド。 アセットタイプの多様化、私募リート事業立ち上げ、複数ファンドの立ち上げ等、不動産ファンド事業の拡大を計画しており、ファンドレイズから投 […]

クライアントの課題 クライアント企業は、戸建て住宅分譲事業、不動産賃貸事業を担う地域密着の不動産会社であった。創業から期間が浅いにも関わらず、金融機関からの信頼が厚い会社でもあった。その会社は事業拡大の入り口となる用地の […]

クライアントの課題 総合不動産業を展開するクライアントは不動産金融事業への参入を決定した。数年後にはリートの上場を見据えAUM(運用資産残高)を積み上げるべく、リートに組み入れる物件のパイプラインを構築する必要があった。 […]

  • クライアント: 物流不動産企業
  • ポジション・プロジェクト: プロパティマネージャー

クライアントの課題 クライアントは物流施設の開発~賃貸事業を展開する外資系不動産会社。日本国内での開発・運営物件増加に伴い、施設の運営管理を行うオペレーション部門の強化が必要であり、収支管理やテナントとのリレーション構築 […]