ケーススタディ

ADAS(先進運転支援システム)ソリューションベンダーのPM採用プロジェクト

お客様 ADAS(先進運転支援システム)ソリューションベンダー
ポジション・
プロジェクト
技術営業
期間 3ヵ月

クライアントの課題

いまや自動車業界における世界的な最優先課題である「自動運転技術」。しかしながら、その技術開発はいまだ黎明期にあり外部ソリューションに委託して開発するか、あるいは自社開発するかについての判断が難しい状況が続いている。
本件のクライアントはそんな自動運転技術開発の最前線にいる外資自動運転ソリューションソフトウェアを提供する企業。顧客に対するプリセールスが必要であるものの自動運転の動向や技術を彼らに説明しリードする役割を持てる人材が不足しているがために、高い技術力を持ちながらも満足の行く成果を挙げられずにいた。

実行プロセス

コンサルタントははじめに最上流に位置する自動運転技術の研究者に対してアプローチし、クライアント製品に対する評価をヒアリング。そこで得られた貴重な情報をクライアントへフィードバックすることにより人材ソリューションに留まらないコミュニケーションを展開。クライアントとの信頼関係を構築しながら最適解となり得る人材の捜索を敢行した。
一方で自動運転技術の研究には関与してはいないもののヒューマンマシンインタフェース(HMI)コクピットに高い見識を持つ候補者に対してアプローチするなど、クライアントにとっての最適解となる人物の捜索をねばり強く敢行した。

 

結果

何名かの有力な候補者との面談の中から浮上したのがJOEM(大手日系完成車メーカー)のエンジニアだった。エンジニアリング志向であったため「PMであれば入社したい」という意向であったが、日本でのビジネスはこれからであったためPMでのオファー交渉が難航。紆余曲折を経て、最終的に技術営業でのオファーを出すことになった。
当初は頑ななまでにエンジニアリング志向だった候補者だったが、コンサルタントを介して触れたクライアントの人柄やクライアント製品の持つ魅力に惹かれていき、最終的には自ら望むかたちで技術営業職のオファーを快諾。見事に内定の運びとなった。
 

担当コンサルタント

小柴 憲二

小柴 憲二Kenji Koshiba

エレクトロニクス、半導体、組込みIT業界を担当。
11年間人材紹介業界にて一貫して企業側、候補者側両面を担当しており、大手人材紹介会社の分業制とは異なるスタイルを強みとしている。

人材ソリューションに関するお問い合わせ

03-3221-3348

メールでのお問い合わせ

このコンサルタント手がけた事例

クライアントの課題 クライアントは東海地方にある電気設備工事業者。とある自然災害対策に関する新規事業の立ち上げ […]

  • クライアント: ADAS(先進運転支援システム)ソリューションベンダー
  • ポジション・プロジェクト: 技術営業

クライアントの課題 いまや自動車業界における世界的な最優先課題である「自動運転技術」。しかしながら、その技術開 […]

クライアントの課題 クライアントは長い歴史に裏打ちされた高い技術力を持つ検査装置メーカーで、業界シェア100% […]

  • クライアント: 外資自動車業界のエンジニアリング会社
  • ポジション・プロジェクト: セールスエンジニア

クライアントの課題 外資自動車業界のエンジニアリング会社であるクライアントは、組織拡大に伴いアプリケーションエ […]