ケーススタディ

ディープラーニングの研究開発マネージャー採用プロジェクト

お客様 老舗の検査装置メーカー
ポジション・
プロジェクト
PM
年収レベル 1400万円
期間 2ヵ月

クライアントの課題

クライアントは長い歴史に裏打ちされた高い技術力を持つ検査装置メーカーで、業界シェア100%の製品も有する老舗。その一方で、ソフトウェアPMの育成は遅れており、ハードウェアエンジニアが装置担当として以前からの機種のソフトウェアの応用、派遣社員をあてがうなどして凌いできた。
そんな折「機械学習のアルゴリズムやインダストリー4.0に取り組み、将来的な開発に応用したい」という顧客からの依頼が舞い込み早速ヒアリングを行ったもののソフトウェア部隊のマネジメント層が手薄だったこともあり、顧客ニーズに応えるソリューションを提供できずにいた。
 

実行プロセス

クライアントが求める人物像は「中間管理職ではなく、高いC++プログラミングのスキルを持ちプログラマーとして尊敬できる人物」というもの。一般的に機械学習アルゴリズムの経験者はマネジメント志向ではなく研究者タイプが強い傾向にあるため、サーチ段階から非常に困難を極めた。
コンサルタントは、まず自らが有するあらゆる情報ソースを駆使して100名前後の候補者にアプローチ。候補者には求人票さえない状態からクライアントの期待値や仕事内容について説明し、一人また一人と面談を重ねる中でようやく「この人こそ」と思える候補者と巡り会った。
 

結果

「チームマネジメントとプログラミング技術の両方を高い次元で両立するプログラマー」という稀に見る高難易度の採用プロジェクトであったが、前述のアプローチが功を奏し、サーチ開始から2か月という短期間で大手メーカーから有力候補者2名の管理職採用に成功。クライアントは長年の懸案だった優秀なソフトウェアPMを採用することで手薄だったソフトウェア部隊を強化。また2名の転職者も大幅に年収アップを実現した。
 

担当コンサルタント

小柴 憲二

小柴 憲二Kenji Koshiba

エレクトロニクス、半導体、組込みIT業界を担当。
11年間人材紹介業界にて一貫して企業側、候補者側両面を担当しており、大手人材紹介会社の分業制とは異なるスタイルを強みとしている。

人材ソリューションに関するお問い合わせ

03-3221-3348

メールでのお問い合わせ

このコンサルタント手がけた事例

  • クライアント: ADAS(先進運転支援システム)ソリューションベンダー
  • ポジション・プロジェクト: 技術営業

クライアントの課題 いまや自動車業界における世界的な最優先課題である「自動運転技術」。しかしながら、その技術開 […]

クライアントの課題 クライアントは長い歴史に裏打ちされた高い技術力を持つ検査装置メーカーで、業界シェア100% […]

  • クライアント: 外資自動車業界のエンジニアリング会社
  • ポジション・プロジェクト: セールスエンジニア

クライアントの課題 外資自動車業界のエンジニアリング会社であるクライアントは、組織拡大に伴いアプリケーションエ […]