ジーニアスの「たばこ」(喫煙者)に関する採用方針

  •  
     

    ジーニアスではその事業の目的から、創業以来喫煙者を常勤メンバーとして採用しておりません。

     

    「競争優位性」

    ジーニアスでは人材ビジネスを主事業として行っており、日々多くのクライアント企業の経営者はじめご担当者の方々、求職者、スカウト対象者の方々とお会いする機会があります。
    喫煙に伴う煙の匂いに対しては、気分を害される方も存在し、当社の競争優位性を損なう可能性があると考えております。

    「生涯現役と健康」

    ジーニアスでは「生涯現役」の新しい働き方を追求しており、そのためには健康であることが大前提となります。
    肺がんリスクを高める喫煙行為は、「生涯現役」というコンセプトを脅かしかねないリスクがあると判断しました。

    「業務効率と職場環境」

    喫煙習慣により業務時間内であっても所謂「たばこ休憩」のため、業務の一時中断を誘発する恐れがあります。喫煙者本人の能力如何の問題ではなく「たばこ休憩」によって、業務効率を下げるものと考えます。
    また喫煙者の方が業務時間内の「たばこ休憩」を誘発し、そのために頻繁に業務を中断することは、非喫煙者にとっては不公平に映ることがあります。
    「たばこ休憩」は人事制度上合理的に説明のつかないものと認識しており、今後そのような制度を設ける予定もございません。

    なお、過去喫煙経験があり、現在は禁煙されている方は非喫煙者と位置付けております。
    面接時には現時点での喫煙の有無を確認させて頂いておりますので、予めご了承ください。

     

    三上 俊輔

    採用情報TOPへ