吉田 誠

Makoto Yoshida Senior Counsultant シニアコンサルタント 吉田 誠

経歴

1981年、東京工業大学大学院修士課程修了後、小西六写真工業(現コニカミノルタ)入社。主にフィルム、印画紙、ビデオテープ等の生産技術開発に従事。多数の新工場建設プロジェクトに参画し、独自開発した技術の導入により生産性の飛躍的向上を達成。

その後、生産戦略・マーケティング・営業を経てフォト事業会社や光学事業会社の経営企画部長等を歴任し、中期計画、予算策定、新規事業企画推進、事業再編、構造改革、M&A、子会社運営管理、経営労務対策等を幅広く実行。
特に、コニカミノルタ創業事業であるフォト事業からの撤退や光学事業のリーマンショックからの回復においてはプロジェクトリーダーとしてプラン策定、実行推進し、巨額損失の大幅軽減に大きく貢献。これまでに直接携わった事業再編、M&A案件事例は数十件に上る。課題の本質の追求と実務の現場に向き合った対応を常に心掛けてきている。

2016年定年退職、2017年10月ジーニアスに参画。
企業の組織活性化課題に最適な候補者をご紹介することによって、日本の製造業が元気を取り戻すことに少しでも貢献したいと考えております。

Profile

After completing his master’s degree at Tokyo Institute of Technology, Yoshida joined Konishiroku Photo Industry (currently known as Konica Minolta) in 1981.
He was responsible in producing and developing film and video tapes and was involved in various factory development projects which led to successful production in result of technology developed by Yoshida, himself.
Yoshida was responsible for production strategy, and marketing and sales of the film industry and was later appointed as general manager of photo and optical affiliate companies.
Through his career, Yoshida was successful in running mid-term planning, budgeting, new business formation and business restructuring. Yoshida's greatest and most notable contribution at Konica Minolta was as a project leader to withdraw from the photo business. He was also successful in minimizing losses after the financial crisis of 2008, following the collapse of Lehman Brothers. Besides these cases, Yoshida has played a key role in a variety of restructuring and reorganization projects throughout his career.
At the age of 60, Yoshida retired from Konica Minolta and joined Genius, hoping to contribute to further success of the Japanese manufacturing industry through human resource consultation.

得意分野

製造業、シニア案件

納得のいく転職をご希望の方へ

採用企業側から面接の際に見えるのは、候補者様のこれまでのご経験・ファクトと候補者ご自身の表情・人柄です。ご経験・ファクトは、これまでのキャリアの中での定量化された棚卸をもとに、ご自身が気づいていない強みを弊社との面談の中で一緒に客観的に引き出していくようにしたいと考えております。
候補者様ご自身の魅力については、転職の目的、理由、将来のありたい姿をお聞かせいただき、候補者様の今後の人生についてのワクワク感を共有化させていただきたいと考えております。

企業様からのポジション要望では〇〇が出来ることと現実的な経験・ファクトベースが多いですが、その先の将来像を私どものみならず企業様とも一緒に共感できればもっと素晴らしい夢を描けると信じております。
ぜひ有意義な面談にさせていただきたいと思っております。

人材ソリューションに関するお問い合わせ

03-3221-3348

メールでのお問い合わせ